医療費控除について


医療費控除について

医療費控除とは1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が200万までの範囲で、10万を越える部分について受けられる制度です。

インプラント治療は、その対象に認められているので、この制度を利用して医療費の負担を軽減することができます。医療費控除の計算法は、(医療費の合計マイナス10万円)×所得税率で、所得の多い高額納税者ほど、還付金も多くなります。

医療控除の計算

1年間に支払った医療費の合計が10万円以上(所得が200万円未満の場合は、医療費の合計が1年間の所得の5%を超えていること)の場合、確定申告で医療費控除の申請手続きをすれば、所得税の還付と、翌年度の住民税減額を受けることができます。

医療費控除金額は以下のように計算します。

通院にかかった交通費も医療費控除の対象に含めることができます
通院に公共交通機関を使用した場合、交通費も医療費控除の対象となります。通院で公共交通機関を使用する場合には、診察券などで通院日時が確認ができるようにするとともに、通院にかかった金額も記録しておくようにしましょう。 なお、車で通院した場合の駐車場代など、公共交通機関以外を使用した場合には医療費控除の対象に含めることができませんのでご注意下さい。

医療費控除の申告

申告は、誰にでも簡単にできます。

医療機関に支払った治療費の領収書のほかに、通院にかかった交通費の合計を出します。

  • 源泉徴収票(給与取得者の場合)
  • 印鑑
  • 還付金を振り込んでもらう金融機関の口座番号

以上を用意して税務署に行き、所定の申告書に記載して提出すれば、後日、指定した講座に還付金が振り込まれることになります。場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあり、高いと感じる治療費もそれほどでもないと思えるでしょう。

1日限定3名限定 院長による無料相談会実施